fc2ブログ

苗穂展望台(ミスター54の記録)[旧:北海道ディーゼル貨物]

北海道の列車・苗穂工場のみたままをお送りします

きょうの札タ / 話題 / 小ネタ

皆さまこんばんは。

このところ断続的にやって来た暴風のせいで、樹木の色づいた葉もかなり落ちた札幌です。週間予報では今週から冷え込み、みぞれ混じりの雪も予報されているところですが、きょうはまずまずの暖かさです。

4日に自衛隊臨で札タに到着したチキ。その後の動きが気になって、きょうも札タへ昼練に行きました。
昨日月曜日が祝実で、きょうは火曜日。1081レ~1085レは通常運休の日ですが…
DFIMG_9488-23.jpg
左)DF200+コキ 1085レ、 右)HD300-502 入換中
しっかりと操2番線に引き出されています。いまちょうど本線牽引用カマが連結されたところで、連結作業を終えた作業員さんがやって来るところです。右側では、コンテナ引上線で、入換動車のHDがコンテナ入換中です

1085レ編成
DFIMG_9487-1.jpg
通常ならウヤの火曜日、きょうは運転ですが、火曜日ですと運転される時でも編成は短いことが多いのですが、きょうは長いですね。そういえば、10/10土曜日の昼練で、ここで観察した1085レは荷なしクマ単でした。恐らく継走する前走の本州発の貨物が遅延して、そうなったのだと思われますが、その分の荷もついているのでしょうか…
ずらっと並んだコキ50000にゴトコンは美しいですが、現在本州では急速にコキ50000は連結列車を減らしているそうです。そのうち道内でしか見られなくなったりするかも知れません

今度は1082レのコンテナです
tikiIMG_9486-1.jpg
V19B、通風コンテナですね。
てか、こんなコンテナ写したのではありません。そう、コキの下、向こうを透かして見ると…

tikiIMG_9485-1.jpg
こちらが本命、またチキは同じ位置に留置されていますね!

ということできょうの札タ観察は終わりです。

・札タ構内苗穂出場者置場はカラです。

この後話題を一件と、最後に小ネタが続きます
(話題は少し長くなりますので、面倒な方は読み飛ばして下さい)

.   *   *   *

ところで最近思うことですが、これまで路線と列車を維持することにとても熱心だったJR北海道が、ここにきて急に方針転換を決めたように見えます。
たとえば雪害や大雨、強風などの自然災害でも、以前は行けるところまでは行くような努力が感じられたのですが、ここ1-2年、すぐに運休します。

たとえばですが、きょうの列車運行状況の一部ですが

-----------以下引用------------------------
【強風による列車への影響について】 平成27年10月13日11時24分現在
本日(10/13) 強風が予想されるため、留萌線の一部区間で運休が発生します。

【運休区間】
・留萌線 留萌~増毛間 上下線 終日運休
------------引用ここまで------------------------

というように、当該区間では終日運休を決めこんでしまっています。
また、札沼線の末端区間、浦臼-新十津川間は現在の一日3往復を、1往復に減らす予定との観測気球を上げています。

これらのことから導かれることは、どちらにしても利用者が利用できないようにして、結局それは統計上の利用者減として計上され、廃線になる理由の補強として用いられる結果に繋がります。いままでのJR北海道には、DMVにして何とか維持しようなどの努力が見て取れたと思うのですが、どうして急に方針を転換してしまったのでしょう?

はたと思いついたのは、JR東日本のこと。
只見線では、途中の会津川口-只見間が水害で寸断され、事実上復旧工事すら行っていない状態。
東日本大震災で被害を受けた三陸沿岸の鉄道は、3セクの三陸鉄道南北リアス線は全線復旧しているのに、JR東日本の山田線、盛線、大船渡線はバス高速輸送システム(BRT)で仮復旧といいながら、鉄道再開はないようなことを匂わせています。
自力で復旧しない理由として、国からの補助がないことを挙げていますが、これはJR東日本が企業全体として黒字だからで、裏を返せばだからこそ自力で復旧することが求められているのでないかと思います。

現在のJR北海道の経営首脳にはJR東日本からの出向者が複数入り込んでいます。
JR東日本的感覚で、これまでのJR北海道の努力を「商売が下手」と切り捨て、高収益企業を目指すように方向転換したとしても不思議ではありません。

健全な経営が健全な事業を行う礎になる、これはとても良いことで、そのまままっすぐ行けばいいのですが、どうも北海道新幹線ばかりに力を入れ、その他は削れるだけ削る方向に見えて仕方ありません。北海道新幹線は、新函館北斗まで開通した時点では恐らく新幹線単体でも赤字だと思います。なぜならJR北海道区間は、膨大な維持費が必要な青函トンネルを含む 奥津軽いまべつ-新函館北斗 だけだからです。とすると、北海道新幹線に力を入れて増収になるのはどこかと言えば…接続する東北新幹線を持つ、ひ、ひ、東日本JRではないでしょうか?
道南の保線業務もJR東日本の子会社に取られましたし(もちろん予算はJR北海道から出ています)、何だかJR北海道はうまく利用されているように思えてなりません。新幹線を優遇すればするほど、影響を受けるのはJR貨物です。結局JR北海道並びにJR貨物北海道支社はいいようにあしらわれているのではないか…ちょっと過激な表現ですが、内部関係者は決して口にすることの出来ない、そういう懸念を一般人の立場で小生が感じたままを書かせていただきました。

.   *   *   *

最後まで不愉快な話では申し訳ないので、きょうの小ネタ。

皆さま最寄のコンビニエンスストアで酒類をお買い求めになったことがあるでしょうか?
通常店員さんが“タッチパネルに触って下さい”、と言って、「成人」か「未成年」かを選ぶようになっています(パネルの表現には各種あります)。これは防犯カメラで撮影されていて、万一未成年に酒類を販売しても、店側が責任を取らなくて済むという目的があります。
ところで先日出張先で見かけたコンビニのレジはこうなっていました
ageIMG_1796-4.jpg
酒・たばこの販売については、タッチパネルに表示ではなく、レジカウンターのシートを指差すことになっているのですが…
なんと選択肢が「20台」と「30代以上」となっているではありませんか!
未成年の欄がないので、怪しい年齢の人がかおうとすれば、迷わず「20代」を指差すでしょう。お店も売上げが減ることなく、“win-win”の関係という、こんなずる賢いシステムを考えたのは誰でしょうか?(笑)

因みにこれが設置されているコンビニは某鉄道会社系のキヨスクです(爆)

最後まで鉄道の話題でしめくくります。きょうも最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
スポンサーサイト



  1. 2015/10/13(火) 17:56:19|
  2. 日記(道内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<HD300-501が苗穂入場 | ホーム | 札タのチキ & コーヒーフレッシュ>>

コメント

No title

プリウス おじちゃんさま、こんばんは。
大阪では日没後でも21度とは、過ごし易いですねえ。雪と言えば、おじちゃんが数年前の春にお越しになった時、遅くまでの降雪に苦労されたのも北海道でしたね

ところで大阪人にアホちゃうか、と呼ばれるような「20代」「30代以上」の指差しマットを、堂々と設置する様考えた人は、ある意味天才かも知れません。通常の感覚では思いつかないと思いますが、これの導入を採用した会社も、なかなかアレだと思います(笑)
  1. 2015/10/13(火) 23:33:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

dd5*****さま、こんばんは。
コメント感謝しております。
利用者が殆どない駅を整理統合してこなかったのは、JR北の怠慢だと思います。白滝シリーズや小幌駅です。 そんな経営の隙があり過ぎて、国交省やJR東に付け込まれてしまうのかと思います

既に役割を終えたローカル線が消えるのは仕方ないかも。でも札沼線末端部を一気に廃止するのではなく、一往復のみ残しても、除雪の経費はかかりますし、「廃止していません」という逃げでしかないと思います。留萌線末端区間も「風の具合を見て再開」ではなく早々と終日運休を打ち出すあたり、只見線を「豪雪のため」と称して長期間不通のままにしていた会社の入れ知恵に見えなくもありません。以前のJR北なら、少なくとも運転再開への強烈な意志がありました

JR北自体の利益のための投資なら溜飲も下がるのですが、国交省に補助金を追加でもらってシッポを握られ、おまけにJR東の幹部を送り込まれ、JR東の新幹線の利益増加に貢献するために、重要な手足(新型車両も含む)をもがれていく姿を見てはいられないという趣旨で書きました。
  1. 2015/10/14(水) 00:26:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

押忍番長さま、こんばんは。
よくぞ小生の悩んでいたことを汲んでくれましたね!
クソがつくくらい真面目に、鉄道業に打ち込んで来たJR北海道に、良く言えば営利企業としての経営のノウハウを伝授、悪く言えば本業の捨て方を教え、最後はハゲタカのようにJR北海道の魅力や財産まで奪っていくのか、との危機感です
隙のあったJR北海道にも確かに落ち度はあるかも知れません。しかし、いま新函館北斗以南が開通する新幹線単体でどこまで収益が上げられるのか??
そのうち室蘭線に高額で購入した中古の701系が走り出すのではないかと、怯えています
基本、三陸沿岸を自社の鉄道で復旧させなかったJR東の基準で考えれば、釧網線や富良野線も残す方が悪いということになるでしょう。でも民間会社でも、財政で優遇される公共的な企業は別の縛りがあり、それを判っているからこそいままで忠実に鉄道輸送網を守って来たのでしょう。もちろん本当に悪いのは国交省やJR東ではなく、むりやり行った分割民営化だと思っています。NTTや専売公社が事実上分割されていないのを見ると、悔しいですね。
  1. 2015/10/14(水) 00:43:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ナナッシーさま、こんばんは。
東京-新函館北斗の運賃+料金が22,690円ですか…航空料金は単純ではないので直接比較は難しいですが、新千歳→成田のジェットスターが、たとえば本日の当日購入運賃で4,190~8,390円であることを考えると、道央方面から函館乗り継ぎで新幹線を利用する層は、函館周辺の人もしくは目的地が函館の、観光客に限られるのではと思います。道央からのビジネスなら、尚更新千歳-羽田便を使うでしょうし。
結局函館以外の北海道では、⇔北関東・東北で一定の需要があるかも…程度でしょうか。きっと赤字でしょうね。まあ、2016年度の決算が出れば答えがわかるでしょう

山田線沿岸区間はJR東が復旧した上で三鉄へ移管ですか。震災前に南北リアス線が山田線で分断されていた三鉄が、JRに山田線沿岸区間の譲渡を持ち掛けて断られていますが、JR売っとけば良かったですね…
  1. 2015/10/14(水) 01:16:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

東六線さま、こんばんは。
留萌線末端区間ですが、海岸段丘沿いの線路で、自然の影響を受けやすいのは仕方ありません。ただ、数年前まではこんなに雪崩予防や強風予測での運休はありませんでした。急に風が強くなったのでしょうか??
確かに札沼線末端区間を残すのは有意義ではないかも知れません。ならば廃線にして、朝の一往復もバス代行で充分輸送できるはずです。わざわざ一往復だけ残して廃線にしないような、コずるいことをこれまでJR北海道はやって来なかったはずです。深名線、乗客がいないのなら、列車代行タクシーでいいのかも知れませんね。人口減少のところ、たとえば宗谷線の名寄以北は、国防以外の意味合いは少ないので、国に譲渡もしくは廃線、とケツをまくってもいいかも知れませんね
  1. 2015/10/14(水) 01:27:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

白鷺さま、こんばんは。
建設的なご意見ありがとうございます。国鉄の解体を目の当たりにして、翻弄された世代かと存じます。結局三公社五現業解体で、ここまできっちりと分割されたのは国鉄だけでした。
その理由ですが、恐らく組合対策が一番大きかったのではないかと思います。当時高かった金利を理由に、三島会社に「経営安定化基金」という見せ金を当てて、「分割しても黒字!」というミスリードな新聞の見出しが踊った時の、小生の落胆といったらありませんでした。もちろん無理やり分割したので軋みも大きく、当初JR東海は本社を東京に置かせる計画が、無理が通らず名古屋に持って行かれたこともご存知だと思います。それがなければリニアが名古屋止まりになることもなかったでしょうし、運命はわかりませんね
再統合するのは名案ですが、分割を否定せねばならないので、できますかどうか…
  1. 2015/10/14(水) 01:38:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

日本一周さま、こんばんは。
いまのJR北海道は瀕死の状態です。確かに保線や馴れ合いなど経営の怠慢がなかったといえば嘘になりますが、社員が必至に運営を維持して来た結果の燃え尽き症候群です。
そこを、民間企業としては当然ですが、ハゲタカにむしられた状態で、別会社だからこそ根こそぎやられる訳で、国に持参金積んで貰って、JR東の傘下に入った方が、まだ略奪からは逃れられるかといった状態ではないでしょうか。でも、ご指摘のように主要幹線以外は切られそうな気がします。
ところで、JR東からJR北に役員が出向することが決まる直前に、森喜郎元総理大臣が、JR東海に救済させるスキームを一度ぶち上げているのですが、実現性のある構想だったのか気になります。
  1. 2015/10/14(水) 01:49:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

フクちゃんさま、こんばんは。
> 記事はJR北海道に対する意見要望?

いえ、いまやJR北海道は自らの意志で方針を決められない程、乗っ取られて居ます。これを世間に周知する、それだけです。願わくば国交省への陳情や、JR東にもっとお手柔らかに、と思いますが、民間企業は無理な話でしょう。基本的にJR北海道はお人好しです

暴風でも行けるところまで汽車を走らせる…これを止め始めたのが、民営化後数年の頃からかと。下り夜行寝台の進路に規制が予想されていなくても、対になる上り列車が災害規制で運休になるので、お付き合いでウヤなんてことを平気でやるようになりました。JR北海道は一番遅くまで、馬鹿正直に列車の運行を第一にやって来た、真面目な会社です

先日の釧路遠征で、根室線の特急がほぼ終日運休になった時、驚くことに貨物だけは定時で動いていました。貨物が真面目なのも確かですが、モンスター旅客がいて、特急が途中の小駅で抑止になると、給食や代替輸送についてクレームを付けたり、一部のマスコミが自然災害まですべて鉄道会社の責任かのように報道することもあり、旅客列車の運行には慎重にならざるを得ないので
  1. 2015/10/14(水) 02:26:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

※ クマったのぅ さま、 ちょいハゲ さま、 azusa64189 さま、 フクちゃん さま、 dd5***** さま、 とん鉄 さま、 札幌のイワナ さまほか、勇気あるナイス!に感謝致します!!
  1. 2015/10/14(水) 02:28:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます
日高線も昔軽量車両で廃線を画策するも失敗に終わり存続して、今回の路盤流出で全くやる気なし。廃線にしたいのは見え見えであります。
但し国交省大臣から廃線は認めないと釘を刺されましたね。
ならば金を出せであります。
駅ビルを作るなら、線路対策や先の見えていたキハ40の更新も先のばしで、こんな状態。
JR東日本北海道支社で丸投げで押し付けるしか手はないですね。
  1. 2015/10/14(水) 04:27:00 |
  2. URL |
  3. 雪だるま #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

雪だるまさま、おはようございます。
日高線、もともと輸送量が少なく、必ずしも対札幌方向への人の流れと路線が一致していなかったところへ、連続して大きな波浪被害を複数の箇所で受け、修理が完成する前に次の箇所がやられている状態です。
留萌線の廃止が取りざたされている状態で、JRが自力で本格復旧することは事実上難しく、道や国からの補助がなければせいぜいかつての終点富川までの運転再開が関の山のような気もします。
歴史的には、日本列島は災害多発であり、中小私鉄が災害をきっかけに廃線になった例は枚挙に暇がなく、日高線よ、お前もか、という状態でしょう。
  1. 2015/10/14(水) 07:59:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます
昨日は返事ありがとうございます

もうひとつだけ、述べたいことがあります。

それは、なぜここに来て急に路線廃止や駅の廃止が盛んになってきたかと言うことです。
このblogを見てる皆さんは、それはJR北海道の怠慢だと思ってる方々が殆どだとおもいます。更には東日本の策略、乗っ取りだと思われてると思います。
しかし、この提案を出したのは言うまでもない口は出すが銭は出さない、口だけ知事や大学教授らが作った「JR北海道再生推進会議」から出された提言書からなるものだと言うことは知っているのでしょうか?
新幹線だって、道や自治体が必要以上にプレッシャーをかけて何よりも優先させようとしてきたからこそ、新幹線優先の取り組みしか出来なかった結果だと思います。
  1. 2015/10/14(水) 08:13:00 |
  2. URL |
  3. 赤スカ13号機 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

dd5*****さま、こんにちは。再度のコメントありがとうございます。
「口だけ知事」「マスコミ」によって余計なプレッシャーがかかり、JR北海道を追い込んだのは間違いありません。これには「国土交通大臣」の関与も関係して来ます。
知事の場合、恐らく現状を理解していないでの軽率な関与は間違いなくあると思いますが、ある意味庶民の感覚を代表していると言えなくもありません。
マスコミの感情論的な報道姿勢にいちいち向き合う必要はないと思いますが、不祥事があると、JRが原因でないことまで悪く言われます。
やはり、足元をすくわれるようなスキがJR北海道に有りすぎたことは否めないと思います。

ただ、知事は通産官僚の役任出身なので、中央の動きに影響を与える可能性があり、完全に北海道ローカルのために動いてくれているかどうかについては疑問が残り、函館駅乗り入れ問題や3セクの問題、それに新千歳空港の利権問題などいろいろ抱えていると思います

このような環境の中でJR北海道はもっとたくましく主張をしていかないと、魂まで抜かれるのではないかと危惧しています
  1. 2015/10/14(水) 12:32:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは。いまどきの鉄道記念日に相応しい話題ですね、苦笑しながらしみじみ拝読しました。長期的展望や社会貢献など二の次三の次で目先の収支だけを追い回すトホホな企業体質と、それを裏打ちするような小賢しい悪知恵の現物証拠…。30年前の鉄道って、こんなにみっともない姿をしていましたっけ…?なんだか涙が出てきます。
  1. 2015/10/14(水) 18:02:00 |
  2. URL |
  3. まつしま #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

まつしまさま、こんばんは。
よくぞ小生の意図を汲み取っていただきました。
JR北海道は脇に甘いところこそありましたが、一生懸命に鉄道業の本業をまじめに追求してきた企業なのですよ。それを小手先の器用で商売上手なハゲタカや、ちょっとしたミスでも騒ぐマスコミの餌食にされているところが悔しくてならなにのです

ただ脇の甘さも相当で、最低限のリストラもやっておらず、ある意味自滅した部分もあるところが何とも歯がゆいですね。

今後の展望ですが、まずはどうみても不必要な駅・区間を切り捨て(3セク化、廃止、国防上必要であれば国営移管)の上、実際の利用状況に即したダイヤの再編製、必要であれば中古車両の調達を行いつつ、将来を見据えた北海道に適した車輌の開発と発注を目指していただきたいと思っています。

その大前提として、足元を掬われるような不正・誤魔化し・手抜きは撤廃していただければ、と思っています。
  1. 2015/10/14(水) 19:09:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うるさくして済みません、もう一言だけお許し下さい。

鉄道が、一刻も早くかつての鉄道の背骨を貫いていた "dutyの観念" を思い出して、そこに立ち返ってくれることを願ってやみません。商売をするなとは言いませんが、旧国鉄線が背負っていた"国民の共有財産"であるインフラの存在理由を顧みなくなったら、鉄道は鉄道であることの意味を失ってしまうと思いますので…。
  1. 2015/10/14(水) 21:21:00 |
  2. URL |
  3. まつしま #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは。
皆さんのコメントやミスター54さまのレスをじっくり読んでおりました。最近までのJR北海道は良くも悪くも国鉄的だったのかも知れませんね。真面目さと裏返しの脇の甘さですか、かつての国鉄が破綻していった経緯とはまた別の形での危機の真っ最中ですね。鉄道業が産業として成立するためには改革も避けて通れないものと思います。しかし、それが道民あるいは他から訪れる旅行者のためではなく、訳のわからないところの利益のために行われるのではないか?ということが懸念されますね…鉄道に日にふさわしく鉄道を考える機会となりました。ありがとうございます。
  1. 2015/10/14(水) 22:45:00 |
  2. URL |
  3. ちょいハゲ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

まつしまさま、こんばんは。
そうなんですよね。公共の使命を自覚しているからこそ、真面目に儲からなくても定時運行を続けてきた訳で、それは理解する必要があります。
小生親戚に自衛官がいるので例えますと、たとえば自衛隊が民営化されて独立採算を求められたとして、普段は運営費を出すために、災害救助に出動する度に料金を派遣自治体に請求したり、あるいはミリタリーグッズを一般に販売して利益を上げる事に血眼になったりしたら大変です。これは極端な例えですが、なまじ運賃収入があるばかりに国鉄を完全民営化させてしまったのは、やはり誤りだったのではないか、と思うのです。いまさら時計の針を元に戻せないことは承知していますが、今後のJR北海道の再建スキームを組み立てて行く際に、少しでも分割民営化の際の反省が活かされればいいなあ、と思います。やはり、どうしようもないローカル線を除けば、鉄道は社会の公共インフラの側面が強いと思います。
  1. 2015/10/14(水) 23:23:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ちょいハゲさま、こんばんは。
面白くもない文章をお読みいただきありがとうございます。
国鉄時代の組合の「合理化反対」や、「利用者のいない駅や路線の何が何でも存続」というような懐古趣味でなく、前向きな意味で頑張っているJR北海道やJR貨物北海道支社の芽まで摘まれようとしている現状に恐怖を覚えたというのが正直な気持ちです。
匿名レスで罵詈雑言になることも覚悟しましたが、少なくとも小生の意図する事を理解した上で、(賛成でも反対でも)建設的な意見が交わせたことは、読者さまの皆さまのお陰だと思っております。まだまだ前途多難、これからが正念場だと思いますが、民営化されてからこれまでJR北海道が大切に守って来た意志や覚悟は曲げないようにしていただきたい、とエールを送りたいです。
  1. 2015/10/14(水) 23:34:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

皆さまこんばんは。
この日記を書いた日には不明だった、北海道新幹線そのものの収支予測が、10/16の産経新聞の記事で公に出ましたので、補足します。

結論:初年で52億円の赤字(JR北海道の試算)

収入: 108 億円

支出: 78 億円(車両・トンネル維持費など)
+ 82 億円(人件費など)

2年目の収支は-51億円、3年目の収支は-42億円と、約15年後の北海道新幹線札幌延伸までの15年間はこの傾向が続くとの結果だそうです
(参照記事)
http://www.sankei.com/economy/news/151016/ecn1510160017-n1

東海道・山陽や、JR東日本の新幹線みたいに、ドル箱でになるシロモノではないので、他の在来線や青函トンネルを通る貨物をないがしろにするのは得策でない面があるのでは、と考えた次第です。
東北新幹線と北海道新幹線の料金が通しでなく、別料金になったのも、JR東日本が北海道の赤字を被るリスクを避けたのかも知れません。
がんばれ、JR北海道、JR貨物北海道支社。
  1. 2015/10/17(土) 00:12:00 |
  2. URL |
  3. ミスター54 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://mister54f.blog.fc2.com/tb.php/584-fabab590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mister54f

Author:mister54f
ミスター54のブログです。北海道の貨物列車と、苗穂からの見たままが中心です

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (1)
日記(道内) (2125)
過去録(道内) (56)
道外 (79)
日記(石北本線) (31)

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

DD51カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


北海道中年(そろそろ初老?)鉄ちゃん戯れ事日記 

How do you like Freight train?

赤いネコの徒然雑談・元気にいこう!

美々帝王H15のブログ

万屋フクちゃんのヘンな物さし

国鉄時代の残り香を追いかけて・・・

鉄道を主に、朝日に夕日、景色や動物など

鉄のガラクタ箱

プリウス おじちゃん

どんちく父O2の道南鉄道業務日誌

絵日記ブログ移植計画。

北のネタ帳

北の素人写真家

コバさんの羽越本線徒然日記Ⅱ

北西航空局〜ライブラリー

fm ヤフブロ、ふみきりマン

所長、失格になりました。(DCCやっています)

風、土、植物とレイル

ちょいハゲの残念日記

takekyuのブログ(旧館)

TENDER UNOFFICIAL BLOG -NEO-

まつしま本舗 (新社屋)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR