fc2ブログ

苗穂展望台(ミスター54の記録)[旧:北海道ディーゼル貨物]

北海道の列車・苗穂工場のみたままをお送りします

4/17-18でDF200の回送あり 3056レのヤマトコンテナ増加[追加更新]

皆さまこんにちは
[15:00追加更新]
今回は昨日ときょうの画像をまとめて更新します

すっかり雪が溶けたと思ったらいきなり最高気温が25度を超える夏日になってとまどう札幌です
きょうは昨日からの雨で落ち着いています

まずは昨日4/17の朝練から
DF63DF12DSC_9687-2.jpg
札幌貨物ターミナル 2024-04-17撮影
前日に苗穂出場DFがいないにも関わらず、突発クマ重となった3084レ
DF200-63(サインレス)+DF200-12(赤スカサインレス)+コキ 3084レ
次位の無j動力12号機、何か故障かも知れません

そしてこの日の3056レには
DF117DSC_9695-237.jpg
3056レ 2024-04-17撮影
編成中間にネココン旧塗装が4連積載されていました
3月の改正後、3056レに積載されるヤマト運輸のコンテナが増えた模様です
以前ヤマトのコンテナがずらりと並ぶ列車は殺タ発着が暗い時間帯ばかりで、撮影もままならなかったのですが、これはいいですね

この日は苗穂入場クマありませんでした

ここからはきょうの観察です

3月の改正以後下り回送機関車連結指定列車3055レが列番を95レに変更して時間帯も変わったため、改正後は83レがもっぱら入場機関車の回送に使われていますが、きょう4/18札タに到着する83レが大幅に遅延していたためか、今朝は前走りの3087レの機関車次位で回送車がありました

これです
DF2DSC_9704-23.jpg
DF200-2(赤スカサインレス) 2024-04-18
この後臨試8196レの次位に連結されて苗穂へ入場回送されることになります
入場理由ですが、前回の全検が5年前ですので、特検のためと思われます

[以下15:00追加更新]

苗穂JR配信<工場向きカメラ>で追いました
まずは朝、8時半過ぎに苗穂車両所のJR貨物第三検修庫の扉が東西とも開き、苗穂工場構内専用DEによってDF200-901が(西)から(東)へ移動されました

その後に臨試8196レの次位で苗穂に到着したDF200-2が第三検修庫(西)へ押し込まれました

昼にみたらまだ第三検修庫のシャッターが開いたままだったので、久しぶりにDF901のお顔を見てみました
DF901DSC_1431-237.jpg
DF200-901(赤スカ) 苗穂車両所 2024-04-18
おお、今年3月発行の貨物時刻表ではすでに車籍抹消されていましたが、お姿はまだ健在でした
前面、片側のナンバーは取り外されていますが、反対側は残っています
屋根の中央に穴があるらしく、ブルーシートを車体中央部にかけているので、ライブカメラでは遠目にも901号機だとわかります
ともあれ久しぶりに元気な顔を見てほっとしました

おまけ
DC40DSC_1432-237.jpg
苗穂運転所 2024-04-18
ヨンマルがたむろしています
先月の改正で運用離脱者が相次ぎ、転属車もありました
また、車両も検査の残っているものがダブついているみたいで、先日まで331と山明の2両が運転所構内牽引車代用として使用されていましたが、本日は左の2両に戻っています
[追加は以上です]

きょうも最後までご覧いただきまして、ありがとうございました
スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2024/04/18(木) 11:27:31|
  2. 日記(道内)
  3. | コメント:4

キハ40 1766と303が解体線へ / 最近3091レ~1085レの乳タンが復活

皆さまこんにちは

きょうも収穫が複数ありましたので記事更新します

まずは朝練から

・苗穂入場クマありません
・3056レにヤマト運輸新旧塗装コンテナ6連があり前方から
旧+新+ネコロジー+新+新+旧
でした(写真撮りましたが逆光で画像悪いのでアップしません)

そして昼は苗穂工場の観察です
DC40-1766DSC_1385-27.jpg
苗穂工場 2024-04-10(以下同じため省略します)
昨日解体線に押し込まれたツートンのキハ40 1766、まだ原型をとどめていました

アップで
DC40-1766DSC_1384-237.jpg
キハ40 1766
根室線で運用中、クマと衝撃して走行不能となり、廃車となったものです
既にきょうの午前中で貫通扉が外されています

と、そこへ…
DC40-303DSC_1386-23.jpg
構内入換専用DEに推進されて、JR北海道色のキハ40がやってきました

DC40-303DSC_1387-23.jpg
そしてしっかりとツートン1766のいる解体線へ入りました

DC40-1766DSC_1403-23.jpg
これは二両とも解体ということでしょう

DC40-303DSC_1406-2.jpg
(手前から)キハ40 303+キハ40 1766
手前は札沼線非電化区間用の強力300番台で、1台車2軸駆動となっています
空知エリアの冬季排雪抵抗対策で、以前は新造まもないキハ54が投入されていた時期もありますが、新車を投入する価値がないと判断されたのか、キハ40改造車に置き換えられました

DC40-303DSC_1407-237.jpg
クレーンが2両のヨンマルをバラバラにしていくことでしょう
あまりつぶさに見たいものではありませんね

少しさかのぼって撮った写真です
F-4DSC_1398-2.jpg
左手にキハ40がいます
右端をご覧ください

F-4DSC_1397-2.jpg
721系F-4編成の3連です
北国の風雪に耐えて活躍してきた721系にも、廃車されるものがぼちぼち出始めています
キハ40の後、解体線に入るのでしょうか

一方こちらは苗穂運転所です
DC40-331DSC_1399-2.jpg
キハ40 331+キハ40山明
構内の牽引車として以前はJR北海道色のキハ40二両がその任についていましたが、先月の改正後からはこの組み合わせになっています
運転所から工場へキハ40 1766を移動させたのも、この組み合わせです

苗穂の観察は終わり、札タへはしごします
観察時刻は14時過ぎです
DF10DF7DSC_9671-237.jpg
札幌貨物ターミナル
二両の赤スカが並んでいて、左の操2番線DF200-10は北旭川行き1085レで、全検後まだ綺麗です
右手の操3番線DF200-7は本州行き貨物で、時変がかかっていなければ94レです
時変がかかっていたら、3086レや3064レの時変かもしれません

今度はいまの編成を不動木材ポイントから見ると
DF10DSC_9669-2.jpg
左の長いのが本州貨物、右が北旭川行き1085レです

DF10DSC_9670-2.jpg
1085レにはなんと牛乳タンクが載っています
コロナの途中から関西での給食が中止になり、牛乳タンクの積載もしばらく途絶えていましたが、復活したり止んだりしていました
去年からしばらくなかったのですが、先月あたりからたまに乳タンがみられるようになり、やっときょう撮影できました

ということで、きょうも最後までご覧いただきまして、ありがとうございました

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2024/04/10(水) 18:59:25|
  2. 日記(道内)
  3. | コメント:6

DF200の角度

皆さまこんにちは

このタイトルに反応される方は滅多におられないと思いますが、蒸気機関車末期の1972年に写真集「蒸気機関車の角度」書籍が小寺康正著で発売され、印象に残っていたのでご記憶の方もいらっしゃるかも知れません

札幌のきょうは最高気温が22度まで上昇し、つい先週まで気象台の観測で積雪があったことが信じられないような陽気です
そんな朝練
DF4DSC_9659-237.jpg
札幌貨物ターミナル 2024-04-08(以下同じため省略します)
この澄み切った青空が、まだ本格的な春ではないことを表しています
並んだ赤スカ、左はぴかぴかの全検上がりから間もない10号機です

機関車のアップ
DF10DSC_9658-237.jpg
右: DF200-4(赤スカサインレス)+コキ 3084レ 操4番線
左: DF200-10(赤スカサインレス)+コキ 3056レ 操2番線
因みに運転士席は何ら加工しておらず、陽光にサンバイザーをしているのがこう写っています

3084レが出て行きましたので、ぴっかぴかの10号機に接近です
DF10DSC_9654-2.jpg
DF200-10(赤スカサインレス)[五]
この青空と赤い機関車の対比が見事ですね
箱型機関車のフォルムならではだと思います

DF10DSC_9656-2.jpg
DF200-10
この機関車、車籍のない901号機を除いて、赤スカ唯一の側面JRFサインありで入場しましたが、ご覧のとおり消されて出場しましたので、赤スカはすべてサインレスになってしまいました

現在苗穂入場中の赤スカは5号機ですが、これは特検なので、出場時こんなにきれいにはなりません
DF200の後継機製造がほぼ決まっているいま、最後の赤スカ全検出場は何号機になるのでしょうか

・苗穂入場クマありません

きょうも最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。、

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2024/04/08(月) 17:27:57|
  2. 日記(道内)
  3. | コメント:2

突発クマ重で赤スカが五稜郭へ回送

皆さまこんにちは。

このところ全検と特検のDF200が相次いで出場し、しばらく3084レでの回送がないかと思われたきょう、突発クマ重発生です

まずは札タでの朝練

手前の3056レ編成に阻まれて見づらいですが、よく見ると3084レがクマ重になっています
ハテ、出場したクマはいないはずだが…

・苗穂入場クマはありません

札タでは3056レの編成に阻まれて観察困難なので、沿線に先回りしました

やって来たのは久しぶりにここ
arc-cityDSC_9600-2.jpg
新札幌 2024-04-04(以下同じため省略します)
写真中央奥の新札幌駅にあるアークシティ^ホテルの時計塔はなくなってしまい、殺風景になりました
以前は線路の左右に市営住宅が広がっていたのですが、建て替えのため解体され、その後高層マンションや商業施設、学校などにかわりました
中央にデンと新築マンションができ、ここからはさぞや千歳線が見やすいだろうなあ、と思います

さて、目的の列車がやってきました
DF60DSC_9604-23.jpg
3084レ
確かにクマ重です
先頭は灰スカ、次位機は赤スカにみえます

DF60DSC_9606-23.jpg
3084レ
結構いいカーブなんですが、周囲の柱が邪魔ですね。
千歳線のこの区間は新線で、1973年の開通で、しばらくは非電化でしたから、もう少し見晴らし良かったかと思います

DF60DSC_9607-2.jpg
長い貨物ですが、以前北斗星やトワイライトが走っていた頃は長編成の旅客列車もありました
釧路行きのおおぞらも、11両編成なんてこともざらにありました。いま旅客は普段短くなってしまいました

カマアップ
DF60DSC_9608-23.jpg
灰スカと赤スカです

次位機
DF2DSC_9610-2.jpg
DF200-2(赤スカサインレス)[五]
今回の回送の理由はわかりませんが、昨日4/3の朝に札タに到着する83レがクマ重で、しかも苗穂入場しませんでしたから、今回の2号機と差し替えの運用都合もしくは故障かも知れません
とにかくここ数か月赤スカの故障が相次いでいますから気になりますね

バックショット
DF2DSC_9611-2.jpg
DF200-60(サインレス)+DF200-2(赤スカサインレス)+コキ 3084レ

DF2DSC_9612-23.jpg
まだ雪の残る札幌から300㎞先の五稜郭を目指します
札幌は本日あたりで積雪ゼロになる見込みです

おまけ
きょう札タの3056レで見かけたコンテナ
DF102DSC_9599-237.jpg

きょうも最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2024/04/04(木) 12:19:46|
  2. 日記(道内)
  3. | コメント:4

今年初の四季島道内試運転 / DF61が五稜郭へ回送

皆さまこんにちは

きょうも朝練に行きました
昨日苗穂を検査上がりのDF200が出場し、臨試8197レで札タまで回送されましたので、今度はそれが編成に組成されて仕立てられるところから観察しました

観察時刻は午前7時過ぎです
DF114DSC_9561-37.jpg
札幌貨物ターミナル 2024-04-03(以下同じため省略します)
まだこの時間では、3084レのコキ編成と3056レのコキ編成が引き出されていますが、機関車はついていません
因みに手前の操2番線が3056レ、奥の操4番線が先に出る3084レのコキ編成です

このタイミングで機関車DF200が東方向から近づいてきました
DF114DSC_9564-2.jpg
このままコキ8編成に連結するのかと思いきや、進路表示を見ますと…
「P」→「E1」 です。これは、北機折返線→回転一区 の意味ですから、昨日一晩回転一区で夜を明かした出場機関車DF61の引き出しに来た模様です

DF61DSC_9565-2.jpg
左手で待つDF61のもとに、本日の牽引機関車が近づいてきました

DF61DSC_9567-2.jpg
左: DF200-61、右:DF200-114
接近して…

DF114DSC_9568-2.jpg
連結するところです

DF61DSC_9573-2.jpg
DF200-61は一晩無火で留置されていたので、手歯止が2個噛ませてありますから、これを作業員さんが手際よく外します

mororaDSC_9578-2.jpg
そして、このモーターカーの裏あたりに置き場所があるのか、仕舞っていました

DF61DSC_9581-2.jpg
そして右側の114号機にひかれて、61号機が無動力でぶら下がって出て行きました

DF61DSC_9583-2.jpg
北機折返線から今度の進路は、「「Y4」つまり操4番線に変わりました
3084レのコキ編成につなぐのですね

DF114DSC_9587-23.jpg
無動力の61号機をを先頭にして114号機が推進で目の前を通過します

DF114DSC_9588-2.jpg
3084レコキ編成に繋ぎます
3056レは今回の改正で発車時刻が14分繰り下がりましたので、まだ機関車は連結されていません

沿線に先回りします。すると、3084レの少し前にこいつがやってきました
shikishimaDSC_9590-23.jpg
四季島
JR東日本の豪華列車です。欧風に燦然と輝いていますが、JR九州のななつ星みたいな和風とはまた違った趣です
今度北海道にキハ143(←オハフ51)の改造で登場するリゾート列車は、ななつ星と同じ三戸岡氏のデザインということなので、どうなるのか楽しみです

バックショット
shikishimaDSC_9591-2.jpg
この区間は交流20000Vですが、白老や登別あたりでパンタを畳んでディーゼルエンジン駆動に切り替わり、室蘭線・函館線の日電化区間を走破します。その後青函トンネルを含む区間は新幹線と共用のため交流25000V、東北の3セクと東北線は再び交流2000V、黒磯からは直流で走ります
以前信越線を直流で走り、非電化の磐越西線は新津方面からディーゼルエンジンで走り、当時の電化区間であった喜多方で直流設定のままパン上げ給電したところ、ここは交流20000Vだったため、故障したことがありましtが、これもマルチ電源に対応できる車両ならではの悩みかも知れません

さて、ほどなく真打登場
DF114DSC_9593-23.jpg
DF200-114(サインレス)+DF200-61(サインレス)+コキ 3084レ
エンジンの音も高らかに駆け抜けていきました
この区間は住宅街ということもありロングレール区間で、最初に遠くからエンジン音が、次にレールを鳴らすキーンキーンという音が近づき、その後機関車が顔を出す順番になります

回送機
DF61DSC_9595-2.jpg
DF200-61(サインレス)[五]
特検上がりなので、前後の額の部分だけがきれいになっており、写真だとすっ飛んでしまいます
このまま無動力で以前は所属区の鷲別まで、現在は五稜郭までの回送になります

バックショット
DF61DSC_9596-2.jpg
はるばる300㎞の彼方までお疲れ様です

・苗穂入場クマありません

きょうも最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2024/04/03(水) 18:00:53|
  2. 日記(道内)
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mister54f

Author:mister54f
ミスター54のブログです。北海道の貨物列車と、苗穂からの見たままが中心です

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (1)
日記(道内) (2125)
過去録(道内) (56)
道外 (79)
日記(石北本線) (31)

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

DD51カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


北海道中年(そろそろ初老?)鉄ちゃん戯れ事日記 

How do you like Freight train?

赤いネコの徒然雑談・元気にいこう!

美々帝王H15のブログ

万屋フクちゃんのヘンな物さし

国鉄時代の残り香を追いかけて・・・

鉄道を主に、朝日に夕日、景色や動物など

鉄のガラクタ箱

プリウス おじちゃん

どんちく父O2の道南鉄道業務日誌

絵日記ブログ移植計画。

北のネタ帳

北の素人写真家

コバさんの羽越本線徒然日記Ⅱ

北西航空局〜ライブラリー

fm ヤフブロ、ふみきりマン

所長、失格になりました。(DCCやっています)

風、土、植物とレイル

ちょいハゲの残念日記

takekyuのブログ(旧館)

TENDER UNOFFICIAL BLOG -NEO-

まつしま本舗 (新社屋)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR